営業とは?

営業は最もやりがいのある専門職である

営業職は企業の営利活動のうち、次の2つを担当します。

○顧客を獲得し、商品・サービスを販売する
○顧客に商品・サービスを納品し、顧客のニーズと抱えている問題を解決する

つまり営業職の人は、
ノルマ達成のために商品を押し売ろうとしているだけではいけません。
顧客のニーズ・問題点がどのようなものなのかを把握し、
自社商品によってそれぞれを解決できるように導いてあげることが重要になります。

きれいごとのように聞こえるので言い換えると、
営業とは、売れる見込みがある顧客を見極め、
商品/サービスを購入することを説得することを専門とする職種です。

そして営業マンとして活躍するには、会社に貢献し、顧客に貢献し、
自分に貢献することが大切です。

会社に貢献するというのは、課された営業ノルマを何が何でも達成することです。
もちろん経営理念や社会一般ルールから逸脱してまでノルマを達成することは
貢献することになりません。

次に顧客に貢献するというのは、まず何よりも”顧客を愛すること”です。
別に取引先の相手を好きになれというわけではありません。
顧客が抱えている問題点や商品を購入することで多くのメリットが得られるように
全力をつくすことです。
そのためには顧客の情報が得られるように常に電波を貼っておくことが求められます。

そして自分に貢献するということは、仕事を通じて事故成長につなげることになります。
営業職というのは非常に多くの人との出会いがあり、
嬉しいことも嫌なこともたくさん経験できます。

これらのことを実践すれば
会社からも顧客からも信頼され愛される営業マンになれることでしょう。

ヤルキ