営業スキルとは

スキルは努力で身につける

営業職を担当するようになって数ヶ月・・・
ノルマがキツすぎて毎日がツライ・・・
自分には営業なんて向いていないから辞めよう
と思うのは少し早計だと思います。

2007/07/30号のプレジデント誌によれば、
73%の営業職の人が、自分は営業職に向いていないと考えているそうです。
その中にはトップ営業マンを含まれています。
たとえ向いていないと思っても、努力して必要なスキルを身につければ、
トップ営業マンになることが可能だということなんですね。

それでは営業する上で必要になるスキルをご紹介します。

名刺交換

○コミュニケーション力
営業は顧客の方と言葉のキャッチボールをしっかりと行い、
適切な球種を投じる仕事ですので、コミュニケーション能力は必要不可欠なスキルです。

コミュニケーション能力をもっと細かく分類すると、
空気を読む力、わかりやすく説明する力、意志を正確に受け取る力です。

空気を読む力は、顧客の表情やしぐさ、感情、
顧客との対話の場の雰囲気を読み取る力です。
相手と話が盛り上がっているか、退屈そうにしていないかなど
相手の心情を素早く感じ取り、臨機応変に話題や話し方を変えるようにしましょう。

次に、わかりやすく説明する力です。
これは文字通りですが、相手の理解力に応じ、
わかりやすい論理構成、言葉を選択する力です。
自社製品がどれだけ優れていても、そのことが相手にきちんと伝わらないと
購入してもらえないなんてことになりますから、この力はとても大切です。

そして意思を正確に受け取る力とは、
顧客が何を求めているのか、何に困っているのかを正確に把握する力です。
これができると、相手に適した商品/サービスを提案できるようになれます。


○第一印象力
人を見た目で判断してはいけないとはよく言われることですが、
極端ですが、金髪・鼻ピアスの人って、パッと見て嫌ですよね。

営業でも第一印象はとても重要です。
いかに好感をもってもらえるかが重要になります。

具体的に何をするのかといえば、
相手に不快感を与えないように満たし並みを整え清潔に保ち、
名刺交換の仕方や言葉の使い分けなどの
最低限のビジネスマナーを身につけておくことです。